メタバリアSの口コミや評判は?お試し体験した効果は?痩せた?

糖質制限でダイエットに挫折した男50代のメタバリアSで8キロ痩せた成功体験談ブログ

ダイエット体験談

炭水化物抜きダイエットで減量成功!!その効果のあるやり方とは?

投稿日:2018年9月8日 更新日:

女性(34歳)

白米を食べず、納豆、味噌汁などで済ます。酒は飲まない。21時以降は何も食べない。

早寝早起きを心がけ、朝は週に2回、近所をウォーキング。代謝が良くなったのか、汗が止まらない。まさに滝汗。

運動の疲れもあってか、夜もよく眠れる。朝はすっきり起きられる。しばらくその生活を続けていたら、それまでお茶のようにがぶ飲みしていた甘いジュース類に興味がなくなり、飲み物はお茶、水、ブラックコーヒーのみに。

ちなみにお酒を飲まなくなったせいか、頭がスッキリし、仕事の能率も上がった。ウォーキングがいつの間にかランニングに変わり。ジムにも通うようになる。いいことずくめでこれはずっと続けようと思った。

結局、そのダイエットで70キロあった体重は60キロまで落ちた。体脂肪率も、35%が28%に。劇的にスリム!とまではいかないが、10キロ落ちたのは素晴らしいと我ながら感心した。

しかし、思うようにはいかないもの。仕事のストレスからか、暴飲暴食が始まる。断っていたお酒もいつの間にか飲み始め、ウォーキングもランニングもサボり気味に。気づいたらあっという間にリバウンドし、72キロまで増えてしまった。

やはり、ストレスを溜め込むのは良くない。そしてストレスのはけ口を食べ物やお酒に求めてはいけないなと反省。余談だが、年々体重が減りにくくなっているのはやはり年齢のせいだろうか。恐らくそうだろう。

きっと20代の頃から基礎代謝は落ちているにも関わらず、食事量は減っていないためどんどんと超えていくのだろうと思う。

りんごダイエットで3キロ減の体重をキープしている。

女性(45歳)

①りんごダイエット・朝・昼・晩一日三食をリンゴ1玉で済ませる。期間は一週間。月に3回取り入れた。

②コンニャクダイエット・朝・昼・晩一日三食にコンニャクをふんだんに使う。白米には糸こんにゃくを切って混ぜる。お肉・魚の代わりに、味付け濃い目でコンニャクステーキ、根菜類とコンニャクの煮物。コンニャクスパゲッティ・海藻とコンニャクのサラダ。こんにゃくの刺身。

③マイクロダイエット・一日二食をマイクロ飲料で済ませる。水または牛乳でマイクロダイエットの素を溶かして飲むだけ。
味は3種類くらい、ココア味・バナナ味・イチゴ味があった要に記憶している。

④塩分・糖分抑えるダイエット・カレーは市販のカレールーをやめて、某社のカレー粉缶を買ってきた。
根菜類、ちょっとお肉が柔らかくなるまで煮たら、牛乳を追加、一煮立ちしたらカレー粉を入れる。米は白米をやめて玄米に切り替えた。

①リンゴダイエットは、最初の1週間で体重は2キロ減った。が。一日リンゴ3玉だけなので、空腹が強く、リンゴも口飽きしてしまった。結果、2ヵ月と半分で頓挫した。頓挫した勢いで好きなものを一日三食しっかり食べたら、あっという間に体重が5キロ増えた。結果、3キロの増。やる意味なし。

②コンニャクダイエットは、結果から言うと2年続いた。体重は3キロ減った。続いた理由は、無理がなかったから。主食も主菜も副菜にも、コンニャクを多めに使っただけなので、口飽きせず続けられた。体重自体は、2年で3キロ減だったので、これは成功したと言えると思う。

③マイクロダイエットは、一週間でギブアップ。理由は美味しくなかったから。体重変動なし。

④塩分・糖分抑えるダイエットは、3年続いた。結果、3キロ減。油分を抜きすぎて、肌がカサついた時期もあったが、油分を足して続けたら、肌は回復した。一年一キロペースで落とせたので満足している。今の3キロ減の体重をキープしている。

一番続いたダイエットは、炭水化物抜きダイエットです。

女性(30歳)

炭水化物抜きダイエットは食事に気を使い、色々工夫しました。メインにご飯を抜いて、野菜中心の生活でした。お肉は鶏肉で、脂分が多そうな牛肉豚肉は避けました。

魚に関しては制限をしていません。また、甘い物も気力食べていません。
特におまんじゅう、団子系は避けましたね。

甘いものが食べたくなったら、フルーツにヨーグルトをかけたり、ゼリーで過ごしてました。プリンもたまーに食べてます。外食も友達や会社の人に誘われない限りは抑え、お弁当作りも気合を入れて作っていました。

運動系のダイエットもしましたが、炭水化物抜きダイエットとは並行して行ってはないです。運動系ダイエットは炭水化物抜きダイエットはなかなか続けるのは難しいですね。

炭水化物抜きダイエットは途中までは成功していたのではないかな、と思います。運動はしないで2ヶ月で2キロ体重は落ちました。

一般的にはローペースかもしれませんが、運動をしない状態で、食事に気を使っただけのダイエットですし、友達の外食の際は気を使ったといっても、がっつり食べていたので、自分の中では今まで成果を実感できなかった分、楽に体重を減らす事が出来たな、と思っています。

そのかわり、続けられなかった理由としては、それまで一人暮らしだったのですが、実家に帰ってしまった為、思うように食事制限が出来ず失敗に終わってしまいました。

運動ダイエットに関してはたしかに期間的には2ヶ月も続ける事は出来ませんでしたが、それでも5キロ痩せる事が出来たので、ダイエット的には成功と思っています。そのかわり、自分の時間はほとんど運動をしている状態なので、かなり過酷でした。

炭水化物抜きダイエットはずっと継続中です。

女性(25歳)

キャベツダイエット、炭水化物抜きダイエット、骨盤矯正ダイエット、朝ごはん抜きダイエット等々試しました。特に炭水化物抜きダイエットはずっと継続していて昼、夜共に食べないようにしています。

元々そこまでお米が好きではないので食べなくても平気なので食べていないという感じですが、たまにパンを食べたりラーメン、うどん、パスタ等の麺類が好きなこともありつい食べてしまうこともあります。ただ、特に集中して取り組んでいた時にはラーメン、パスタ等の特にカロリーの高いものは避けてなるべく消化のいいうどんまでに限って食べていました。

素麺も一見良さそうではあるのですが、実はカロリーが高いということを知りあまり食べなくなりました。

私が成功したのは晩御飯抜きダイエットだけです。他のダイエット法に関してはやはり続かないというのが正直なところです。ただ、この晩御飯を抜くというのが正直かなりきついです。我慢、忍耐毎日がその戦いです。

今もまた晩御飯抜きダイエットを行おうと思い少しずつ量を少なくすることから挑戦していますが、年齢も20代半ばに差し掛かったので、食事制限だけではなくジムに通い運動もするようにしています。どうしても飲み会があると戻ってしまいますが、ジムに通っているおかげで下腹が出るのがマシになった気がしています。晩御飯を抜くと正直短期間でかなり痩せることが出来ます。

でも、その後のリバウンドが来やすいのも事実です。なので、食事制限だけではなくやはり一緒に運動をして代謝を上げながら痩せるのが一番かな、と今は思っています。

炭水化物を減らすダイエットです。

男性(56歳)

年齢と共に,とにかく新陳代謝が減っていきます。若い頃と同じように食事をしていては,運動エネルギーをより多く使わない限り,体重を落とすことは出来ません。そこで,炭水化物の量で調整するダイエットをご紹介です。

炭水化物ダイエットで重要なのは,昼食です。お昼の食事で,ご飯の量を減らすようにプランします。まずは,4分の3のご飯をいただきます。これを1週間,次に2分の1のご飯を1週間,その後は常に2分の1ご飯にします。たったこれだけです。

朝や夕食は,一切変えません。同じ量のご飯をしっかり食べてOKです。お昼の炭水化物を日常的に半分にすることで,間違いなくダイエットにつながりリバウンドもありません。是非,お試しください。

74キロだった体重が,このお昼2分の1ご飯にしたことで,68キロになりました。マイナス5~6キロです。最初の2週間で,すぐに2~3キロのダイエットができます。

その後,どんなにお昼にお腹が空いても,ご飯半分を徹すれば,2か月後にはマイナス5~6キロが実現します。朝や夕食での我慢は必要ありませんので,少々お昼が物足りなくても夕食を楽しみにできるようになります。

しかも,お昼が少ない分,間違いないく空腹感が味わえます。この空腹感をもつことがダイエットには必要とのことです。もしも,お昼がパンや麺類の場合はこの限りではありません。普通に一食分を食べてOKです。

メニューがご飯の時だけ2分の1にするのです。この方法を習慣化することで,間違いなくダイエットできます。

これまで体験して来たダイエットは、朝食、昼食では普通に食事を取りますが、夕飯時にご飯を一切食べない炭水化物抜きダイエット。

女性(28歳)

これまでの生活に毎日同じだけ、それ以上の運動をプラスしてウォーキング20分やスクワットなどを加え運動量を増やす、いわゆる筋トレダイエット。
30日チャレンジが流行った時にはプランクやスクワットを続けるよう、表を作りやろう!としっかり決意してはじめました。

毎食の食事のメニューから揚げ物や脂っこいものを減らすように意識をする、高カロリーを避ける完全自己流ダイエット。

そのほか食事に関するものはジャンクフードをやめる。朝食を青汁に変える。スムージーに変える。などなど色々と手をつけて来ました。

炭水化物抜きダイエットは、元々大食いで白いご飯が大好きな私には拷問のようなダイエットであり、食事自体が楽しめない、満足できない不満の対象になり、ストレスを感じるようになったのでやめました。

子供がいる手前、私だけご飯を食べない、という事がしづらかったというのも一つの理由ですが、結局のところご飯が食べたいので続けられませんでした。

筋トレダイエットでは、スポーツが得意でない私にはあっておらず、運動のために時間を作るのが億劫に感じやめてしまいました。

独身の頃は夜ウォーキングをしていた頃もありましたが、両親に止められるようになり夜は歩けず、筋トレは基礎筋肉が少ないため回数を増やす前に続ける気力がなくなり挫折してしまいました。

スクワットやプランクに関しては、続けていましたが1日やりそびれるとやる気をなくしそのままやめてしまう。というのを繰り返していました。

食事制限等は家族の分と分けて自分だけ別のものを食べるという事ができなかった独身時代に合わせ、結婚後も自分だけ別メニューが難しく継続できなかったです。青汁は味に馴染めず挫折、スムージーは経済的理由で挫折しています。

一週間炭水化物を抜くリセットダイエットに挑戦しました。

女性(39歳)

OK食材とNG食材があり、OK食材であれば昼食と夕食は量を気にせず取ってよいという内容でした(朝食はグレープフルーツと飲み物だけ)。昼食は特別ランチというものがあり、ゆで卵とカットフルーツ、ヨーグルトを7日間の間で1回ずつ食べるというルールがありました。

カロリー計算は不要でしたが、NG食材の中には、ごはんや麺類などはもちろん、油分の多い食材や、糖質が多い野菜、牛乳やアルコールなども入っていて選ぶのが難しいように感じましたが、レシピを紹介した専用の書籍も販売されていました。食事によるダイエットだったので、運動をしなくていいのが取り組みやすかったです。”

7日間のチャレンジを行い、結果的にはマイナス2キロとなりました。お水をたっぷり飲むように意識していたので、便通もよくなったように思いました。炭水化物が食べられないと飽きるのも早いかと思いましたが、肉と魚をたっぷり食べられたので満足感は高かったです。甘いものが恋しいときもありましたが、フルーツを食べられる機会があったのでなんとかしのぐことができました。

ただし、運動をせず痩せたので、引き締まったボディラインというのには程遠く、体がしぼんだ印象を受けました。尾仲のぷよぷよ感は少しましになりましたが、リセットダイエット中に筋トレや有酸素運動を取り入れていたらもっときれいに痩せられていたかもと思うと少し残念です。

毎日の食事の中で炭水化物を抜いてみました。

男性(30歳)

朝はヨーグルトとバナナ、昼はササミとサラダ、夜にもお米やパンなどは抜いて、毎日を過ごしました。毎日同じものを食べていると飽きてきて断念しそうになりますが、とにかく結果のためにと思って、日々の食事に気をつけていきました。

飽きないような工夫もいろいろして見て、サラダにしても何種類もあるので、それをローテーションしたり、ドレッシングをかえてみたりと、その工夫を探すのも少し楽しくなっていました。

正直、ご飯やラーメンなどを食べたくなることはありますが、そこは結果が出るまでのお預けで、結構時間はかかったように思います。途中からランニングも始めたので、そこからの体重の減りは早かったように思います。

20代前半は、もともと184センチの65キロで、痩せ型だったのですが、28歳の時には85キロになっていて、20キロも増えてしまいました。持っている服がほとんど入らなくなり、無駄な出費がありました。

ダイエットをして結果1年で15キロ減り、70キロまで落とすことが出来ました。短期間で急に落とすとリバウンドの危険があるということで、目標は1ヶ月で1キロ落とすというスローペースで考えていました。最初は結果があまり分からず、苦しい時期もありましたが、1ヶ月ごとに1キロずつ落とすことが出来たので、結果がわかるとそれが楽しく感じてきました。半年を過ぎたあたりから運動も初めてみて、するとさらに体重が落ちていきました。

今ではとにかく太らないように、食べ過ぎないことを意識して、たまに運動も続けています。なんとかダイエット後の体型をキープしています。

私の体は、白米の糖分を脂肪に変えやすい体質?のようで、白米の量を減らすことをメインに炭水化物ダイエットをしました。

女性(26歳)

一日のメニューは下記の通りです。
朝食:食べない
昼食:特に何も気にせず食べる(白米の量も気にせず好きなだけ食べます)
夕食:白米抜きか、片手握りこぶし以下の量を食べる

白米がとても大好きなので、夕食の白米の量が少ないことは少しつらかったですが、その分おかずの量を増やしました。

本当は玄米や雑穀米に置き換える方が良いかもしれませんが、白米が好きなので。また、お肉の脂身や鳥皮も大好きですが、なるべく食べないように心がけていました。炭水化物を気持ち減らす程度のダイエットで、特に運動やストレッチなど体を動かすようなことはしておりませんでした。

体重は3ヶ月でマイナス2kgほどで大きな変化ではありませんが、ダイエットに成功したと思っております。体重よりも見た目の変化(肩周り、顔周り、脚部、下腹部)が顕著に表れたように感じます。

ダイエット前はスキニージーンズがピッチリで履いたときの圧迫感がすごかったのですが、ダイエットしてからはすんなり履けるようになりました。

食生活を元に戻すと体重が元に戻ってしまったので、私の体質的に白米が太りやすいものなんだなと実感しました。

運動やストレッチなど体を動かすことが苦手なので一切していませんが、元の食生活で継続的に理想体重をキープするには、やはり運動と合わせて基礎代謝率をあげることがベストなのかもしれません。

-ダイエット体験談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マインドフルネスダイエットを続けた結果とその効果について解説!!

女性(27歳) 私は、これまでに試したダイエット方で一番効果的だったのは、やはり夜ご飯炭水化物抜きです。夜は野菜を中心に、栄養素のある、かつ食べてボリューム感のあるような野菜を食べました。 ケールを炒 …

炭水化物の制限+スマホのダイエット筋トレアプリで12キロ痩せることが出来ました。

女性(38歳) 私が試したダイエットは、炭水化物の制限+スマホのダイエット筋トレアプリです。とにかく炭水化物には気をつけて、昼に少量のご飯、夜は野菜中心の食事。 あとは食品の裏に書いてあるカロリーを必 …

マイクロダイエットで一年間で10キロ痩せました。

女性(42歳) 出産後28歳の時に体重がなかなか戻らず、出産前から5キロ増加。マイクロダイエットを使い、夜だけ食事、朝昼はマイクロダイエットを飲むという生活を3ヶ月行い出産前の体重より二キロ多い状態ま …

食事制限でダイエットを始めて1ヵ月で3~4キロ減量に成功。

女性(46)歳 食事制限です。それも、過激な食事制限です。 1日1食でパン1個とかしか食べず、過激な事をやっていました。21歳の頃の事です。始めはお腹が空いて辛かったのですが、段々、感覚が麻痺してきて …

激辛ダイエットは痩せますが健康的にはおすすめできません。汗

女性(23歳) 私は韓国料理やタイ料理など辛い料理が昔から好きなので激辛ダイエットに挑戦しました。ルールは自分の中で辛い。食べ切れるかな?くらいの辛さのものを食事に取り入れること。 カプサイシンの効果 …