メタバリアSの口コミや評判は?お試し体験した効果は?痩せた?

糖質制限でダイエットに挫折した男50代のメタバリアSで8キロ痩せた成功体験談ブログ

ダイエット体験談

吐いて吐く吐きダイエットは危険すぎて絶対にやめたほうがいいです。

投稿日:2018年9月15日 更新日:

男性(36歳)

吐きダイエット・・・食事をした後、すぐに無理やり吐く。

リンゴ酢ダイエット・・・食事と併せて、リンゴ酢を飲用。
バナナダイエット・・・食事を全てバナナにする。
ウォーキング・・・1日1時間程度、歩く。
筋トレ・・・食事はそのまま、ウェイトと筋トレ。
キャベツダイエット・・・食事をすべて生キャベツにする。
ウーロン茶ダイエット・・・食事は摂らず、ウーロン茶のみ。
断食・・・水分以外、何も摂取しない。
蕎麦ダイエット・・・食事は蕎麦のみ。
唐辛子ダイエット・・・唐辛子を摂取し、発汗を促す。
豆腐ダイエット・・・食事全てを豆腐にする。
こんにゃくゼリーダイエット・・・食事と併せて、こんにゃくゼリーの摂取。
炭水化物ダイエット・・・炭水化物抜き。

吐きダイエット・・・字の如く、食べたものをすぐに吐く方法で、結果としては変わらなかったと思います。

何より毎回食べた後に無理やり吐き出すという行為が辛すぎて、とても続けられないです。

リンゴ酢ダイエット・・・ベタですが、正直効果はなかったです。リンゴ酢と言ってもピンキリで、高いものもあれば安いものもあるかと思いますが、どちらにせよ毎回出費がかさむわけで、体にも生活にも負担です。

バナナダイエット・・・こちらもベタですが、効果は多少あったと思います。満足は出来ませんが、お腹は満たされるので。ただ何でもそうだと思いますが、同じものばかり食べていると飽きます。特にバナナはどれを食べてもたいがい同じ味の為、尚更辛いです。

ウォーキング・・・単純かつ一番効果的です。続ければ続けるだけ、減量に繋がりました。そして健康的にも体が軽くなりました。ただ、社会人として働いていると時間を確保できなかったり、体力的にきつくもなります。状況が許される人には、1番おすすめです。

筋トレ・・・効きます。脂肪を燃焼する筋肉が痩せるためには必要になる為、多少の筋肉がつくと最初はぐんぐん体重が落ちます。と同時に徐々についてくる筋肉が嬉しく、続けたくなります。しかし、途中でばったり落ちなくなります。自分はそこで止めてしまいましたが、効果はあります。

キャベツダイエット・・・とにかく食べるものをキャベツのみにし、摂取カロリーを減らします。その為、徐々にですが効果はあります。ただ圧倒的に飽きますので、続けるのには明確な目標と根気が必要です。

ウーロン茶ダイエット・・・口から入れるのはウーロン茶のみ。飴もなし。抜群に体重は落ちます。ただ、やりすぎると体調は壊すし、強烈なリバウンドがあります。

断食・・・何も食べないので、効果は強烈です。ただ、こちらもそこそこにしないと体調を崩します。一旦、胃を小さくするといった意味で他のダイエット方法での事前準備的な意味合いで実施した方が良さそうです。

蕎麦ダイエット・・・結局、何も変わらなかった気がします。普通に食べてますので。

唐辛子ダイエット・・・食べるもの全てに大量の一味唐辛子や七味唐辛子を振りかけ、カプサイシンの効果で脂肪の燃焼を狙いました。ただ、効果は見えませんでした。

豆腐ダイエット・・・冷ややっこのみ食べる。低カロリーでそこそこ満たされる。ただ味が味なのでそこまで続かず。効果は最初の頃は多少あります。

こんにゃくゼリーダイエット・・・食事をこんにゃくゼリーのみにします。それなりに満たされますし、腸内環境も整う為、続けられれば効果があります。しかし、ランニングコストが辛いです。

炭水化物ダイエット・・・炭水化物というは普段意外と摂取量が多く、それを抜くのは大変辛いです。もともとダイエットをする方は食べるのが好きな結果として体系が出来たと思うので、尚更辛く感じると思います。勿論、私も続きませんでした。ご飯は食べたいです。効果は薄いです。

今は出産もあり、体型も崩れてしまいカロリー計算だけではどうしようもない

女性(30歳)

1日のカロリー計算(自分の理想の体重)× 30 を計算すると1日の摂取カロリーが出てくるので、頭の中で朝・昼・夜のカロリーを計算しながら、おおよそその範囲内に収まるように食事をする。

その範囲内に収めていれば理想の体重へ近づいていく。最初から飛ばしすぎると、失敗するので理想の体重を-3kgから始めて徐々に減らしていく。

2週間に1回はファスティングでプチ断食。1日だけ断食する日を決める。水と、野菜ジュース、スープはOK!その他のジュースやアルコールはもちろん禁止!

どうしてもお腹が空いた時だけ、脂肪燃焼スープを作って食事。ファスティングの次の日は、どか食いするとリバウンドしてしまうのでカロリー計算しながら、お粥など胃に優しい物から口にする。

カロリー計算しながらだと、最初はみるみるうちに体重が減って行きました!このまま痩せれたらめっちゃ楽じゃん!と思っていた矢先、体重の減りが減少。

測れど、測れど体重は減る気配なし。
そのままの体重を維持しながら何週間か過ぎました。

これが停滞期かぁ?と分かっていながらも、減らない体重にイライラ。
食べれないストレスでイライラ。

でも、仕事で人前に立つ予定があったのでどうしても痩せたい!
自分を追い込むために、ファスティング開始。

すると、ファスティングの翌日に横ばいだった体重が少しだけ減ってる!
そこから、無くなりかけてたヤル気が少し上昇。

横ばいになってから、約1ヶ月過ぎた辺りで体重が一気に減り目標体重まで落とせました。
ただ、毎日カロリー計算しながらは結構面倒くさいので痩せたら辞めちゃいました!

そこから、2年ほどは痩せたままの体重をキープしてたんですが3年くる前にリバウンド。体型維持するためには、最低でも3年は体重キープしないといけないらしいんですが無理でした。

今は出産もあり、体型も崩れてしまいカロリー計算だけではどうしようもないです。笑

日常的に食べるものには気をつけています。

女性(26歳)

まず、朝起きたら水を1杯飲みます。食べる順番は必ず野菜から摂るようにし、油物はレモンなどと一緒に食べるようにしています。

間食はヨーグルトやフルーツを摂るようにしていて、スナック菓子はほとんど全く食べません。夕食はあまり遅い時間には取らないようにし、8時より遅くなってしまった場合には炭水化物は摂らないようにしています。

また、食事だけでなく運動を組み合わせることが重要だと考えており、週に1度はヨガをしています。ストレッチの動きで体を伸ばしながら、腹筋などインナーマッスルを鍛えることで女性らしいボディラインを保とうとしています。

体のゆがみを矯正することができるのも、余計な脂肪をつけないために役立っていると思います。上記の食事と軽い運動を継続することで、毎年冬には3キロ程度体重増加するものの夏には戻せています。

しかし、今年26歳になって、夏が来たもののなんとなく体型が戻っていないような気がして焦っています。

運動の量を増やすべきだと考えランニングをし始めてみたものの、天候に左右されるため長続きせず、効果は表れていません。

年齢に応じたやり方を考え、実践しなければと思っているところです。また最近、ただ痩せているだけでなく、ヒップなどメリハリのあるボディラインへの意識ができてきました。

二の腕のたるみなど、これから課題は増えていくかもしれませんが、自分の体とうまく付き合っていく新しいやり方を見つけていこうと思っています。

私がダイエットとして試みた方法は単純に節食でした。

女性(82歳)

私は若いころから肉付きが良く、周囲から「ぽっちゃりしているよね」、とよく言われてそれが即褒め言葉のように勝手に思い込んでいたものでした。その思いがまず最初に引き戻されたのは高校を卒業したと同時に得た保育園の保母の仕事の中でのある出来事だったのです。子供は純真で正直です。

お絵かきの時間に好きな物を好きなように描くように指導していたのですが、一番やんちゃな男の子が得意気に「これ先生や」と言って私に絵を披露して見せたのです。唖然としました。思い切り脚の部分が太くたくましく描かれていましたから。

まだまだ仕事が忙しくてゆっくりと姿見の鏡の前で自分を見つめるという余裕は当時の私には無かったもので。男の子はその絵を持ち帰ってまずはお母さん、そしてお父さんに見せるでしょう。そのほのぼのとした情景の中に誇張されたとはいう私が居るということは反面とても恥ずかしく思いました。

私もあの頃は年頃の娘でしたから。それから一念発起して痩せる決心をしたのでした。

節食は思いつくままの方法でしたが、一番現実的なやり方でもありました。現在のように充実した器具もサプリメントも教本も情報も無かった時代です。当時の食糧事情は社会一般的に見ても良いとは言えなかったので特に意識しなくても過食ということはなかったはずなのです。ごはん類をとにかく控えて、苦労して手に入れた食パンにリンゴなどいったごく粗末な食物に、子供たちに与えられる脱脂粉乳もおやつの時間に仲良く一緒に口にするのです。

まだ貧しい時代でしたが、それでも月に何回かは小さいけれどドーナッツのようなおやつが用意されることも。空腹に拍車がかかりましたが痩せるための手段としてその貴重なおやつは預かっている子供達に分け与えました。

最初のうちはそれこそ奪い合うように夢中でほおばっていた子供達も私が口にしないのを見て、何人かの子は健気にも私に自分の分を譲ろうともしてくれたこともありましたよ。涙が出そうになるほど嬉しかった。私もこういう時には笑顔で一緒に食べることにしました。

こうして楽しい一時は過ぎて行き、結果として私はスリムになることには成句はしたのです。その成果を奪ったのは思いがけない病によってでした。仲良くなってくれた小さなお友達の皆さんと父母の方々、そして同僚と途中でわかれることは身を切るように辛いことでしたがそれも自分に課せられた運命だと言い聞かせて、私は実家へ戻りました。

その後結婚して二人の子宝に恵まれたのですが、下の子の出産後は以前よりも丸くなってしまいました。自分の子供達の成長期は主人の仕事の手伝いと家事で私自身のことなど何一つできない状態でしたが、体型は少なくとも維持はできました。子供の成人後は再び何十年ぶりのダイエットに取り組み直し、それが今日まで続いているのです。昔の衣類が切れるということが私の自慢でもあり、密やかな誇りのように思えるのですよ。

社会人になってから試したのが、昼ご飯抜きダイエットです。

女性(30歳)

仕事柄、休憩時間が日によってまちまちなため、いっそのこと休憩時間にお昼ご飯を食べるのをやめようと思ったのがきっかけで始めました。朝起きてからいつも通りパンを食べます。仕事の開始時間もまちまちなので、その日によって起きて食べる時間も異なります。

お昼休憩は何も食べません。朝ご飯を食べてからだいたい6?8時間後、小腹が空くこともあります。そんなときは、2回目の小休憩でドーナツやお菓子など間食もOKで、この時は好きなものを食べます。仕事が終わるとどっとお腹が空くので夜は好きなものを好きなだけ、お弁当2個にスイーツやアイスを食べることもたまにあります。

お昼ご飯を抜いて、夜は好きなものを好きなだけ食べるという生活を1年間ほど続けて、約10kgの減量に成功しました。朝ご飯を食べ過ぎるとお腹が空くのが早くなるので、食パン1枚程度ですませます。朝ご飯から夜ご飯まで何も口にしない日も多々あります。

一見不健康な生活ですが、この生活に慣れると、お腹が少々空いても我慢できるようになり、また、お腹いっぱいで仕事中眠くなるということもなくなり、集中して仕事ができて一石二鳥です。たまに連休などでお昼ご飯を食べる日が続くと2?3kg増えてしまいますが、仕事の日々が始まると元に戻ります。向き不向きもあると思いますが、シフト制の仕事の方にはとてもオススメのダイエット法です。

-ダイエット体験談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウォーキングダイエットで痩せるには効果はいつから出始める?

女性(57歳) ウォーキングでダイエットしました。最初のうちは、カロリー制限も少ししましたが、ほぼウォーキングのみです。朝のうちに20分から1時間、早足でさっさと歩きました。少し息が弾むくらいの速度で …

縄跳びダイエットは初めて、成功したダイエットとも言えます。

女性(40歳) 縄跳びダイエット、パイナップルしか食べないダイエット、炭水化物を食べないダイエット、ジョギング、ウォ―キング、筋トレ、ヨガ、ストレッチ、リンパマッサージ、スムージー、ヨーグルト、腹筋、 …

白湯ダイエット口コミ痩せる?痩せない?成功体験談~効果はいつから?

女性(28歳) 20歳くらいの時に1年ほど行いました。ネットで調べた方法は朝起きで一番にコップ一杯の白湯を飲むだけ。と言うものです。冬場はシンプルな白湯。夏場の白湯は飲みづらい為、レモン汁をたらして飲 …

ウエイトトレーニングをしてダイエットで10キロの減量に成功。

男性(24歳) ウエイトトレーニングをしてダイエットをしました。 具体的には、カネキンフィットネスなどフィットネス系のYoutuberの動画から知識を学び食事とトレーニングの勉強をしました。PFCバラ …

レコーディングダイエットはなぜそこまで痩せるのか?その効果について解説!!

女性(45歳) 夜9時以降は食べない、カロリーゼロの飲み物しかとらない、というダイエットです。その代わりに、朝から夜9時まではどれだけ食べてもよい事にしました。やはり、9時以降でもお腹がすくことがあり …